パノラミス錠」カテゴリーアーカイブ

パノラミスとコンフォティス錠の違いは?

「パノラミス」と「コンフォティス」の共通点は、飲み薬という点です。 経口薬ですので、直接皮膚に投薬出来ない犬にはどちらも嬉しい薬です。 有効成分に、どちらも「スピノサド」が含まれています。 その為、嘔吐や下痢などの副作用が出る場合があるところも、同じです。 最大の効果を得るために、少量のフードやおやつを与えてから投与するか、フードやおやつに混ぜて与えるというところも同じです。 ど...   [この記事の続きを読む]

パノラミスとネクスガードスペクトラの違いは?

「パノラミス」の発売日は、2014年1月6日。 「ネクストガードスペクトラ」の発売日は、2015年12月1日でした。 どちらも、まだまだ新しいお薬ですね。 一部の成分が違うものの、「ノミ・ダニ・マダニ」の駆除予防と、「フィラリア予防」が1度で出来る所は同じです。 パノラミスとネクストガードスペクトラの違いは? 「パノラミス」が錠剤なのに対して、「ネクストガードスペクトラ」はチュア...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠はアマゾンや楽天で通販できる?

「パノラミス錠」は、動物用医薬品です。 同じ動物用医薬品に、「ノミ・ダニ・マダニ」の駆除予防に効果のある「フロントラインプラス」があります。 「フロントラインプラス」は、Amazonや楽天で購入出来ます。 価格も動物病院で購入するより安く買える所が多いので、Amazonや楽天を利用して購入される方も多いと思います。 しかし「パノラミス錠」は、Amazonや楽天で「フロントラインプラ...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の味・匂い

パノラミス錠は、一錠一錠がハサミで切って開けるようになっています。 ハサミで開けたとたん、独特の匂いがします。 ビーフフレーバーとなっていますが、ビーフの匂いはしないように思います。 そしてビーフフレーバーになっていますが、成分の中に牛肉は使われていないようです。 牛肉は使われていませんが「パノミラス錠」は、豚と大豆成分を微量に含みます。 牛肉アレルギーの犬は大丈夫ですが、豚と大豆にアレ...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の飲ませ方 – 食べない場合の対処法

室内犬なのにお外でどろんこ遊びに夢中になってしまい、お風呂に入れることになってしまう場合って突然やってきますよね。 夏場に必須のノミ・ダニ駆除の「フロントラインプラス」は投薬後すぐにはお風呂に入れないようにって言われてるけれど、どろんこのまま室内に入れる訳にも行かない、、、。 こんな時お風呂を優先すると、「フロントラインプラス」は効いているのか?と心配になります。 そんな心配を解消してく...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の与え方 – 嘔吐 吐いた場合

フィラリア症予防と、外部寄生虫である「ノミ・ダニ」、消化管内寄生虫である「犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫」を1度に駆除できる「パノラミス錠」は、とても便利な薬です。 しかし人間と同じように、犬にも体質に合う薬と合わない薬があります。 嘔吐してしまう可能性を少しでも減らすため、獣医の指示に従って飲ませましょう。 パノラミス錠の与え方 <薬の開け方> 円のふちに沿って、ハサミで切り取りま...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の値段と価格

「パノラミス錠」は、1錠飲ませるだけで「フィラリア予防」と「ノミ・ダニ・マダニ・犬回虫・犬鞭虫・犬鉤虫」の駆除がまとめて出来ます。 月に1度「パノラミス錠」を、1錠飲ませるだけでOKという利点があります。 飲む薬なので、シャンプーの影響を受けないメリットもありますね。 フィラリア予防の薬、ノミ・ダニ・マダニ・寄生虫の薬を別々に飲ませるよりも、お得だと思います。 パノラミス錠のサ...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の副作用 – 嘔吐が起きる原因

月に2回、別々の日に行っている方の多い「フィラリア予防」と「ノミ・ダニ・マダニ」予防・駆除。 この2つを、まとめて1度で済ませられるのが「パノラミス錠」です。 錠剤なので、投薬後すぐでもシャンプーがOKです。 消化管内寄生虫まで一緒に駆除できるのも、嬉しいですよね。 では「パノラミス錠」には副作用は、ないのでしょうか? パノラミス錠の副作用は? 「パノラミス錠」には「スピ...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の効果と成分

犬を飼うと、まず悩まされるのが「ノミ・ダニ・マダニ」などの外部寄生虫駆除です。 特に室内犬として飼うのならば、犬にくっついて部屋に侵入してくる「ノミ・ダニ・マダニ」を阻止したいものですよね。 「フロントラインプラス」などを利用して、毎月予防される方も多いのではないでしょうか。 そして暑い時期に、動物病院からもオススメされるのが「フィラリア予防」です。 蚊が多く発生するシーズンには、犬に...   [この記事の続きを読む]