パノラミス 副作用」タグアーカイブ

パノラミス錠の危険性と安全性

犬のフィラリア予防薬と言えばお肉状の食べるお薬チュアブルタイプ、ノミ・ダニ予防薬と言えば背中に垂らすスポットタイプ。その2種類のお薬を使い分けている方はいらっしゃいませんか。 今回はその2度手間を省く画期的なお薬の「パノラミス」を紹介します。 パノラミスの効果や、安全性、危険性などはあるかどうかも詳しく記載しますので、これを機会に、犬の予防薬の一つの選択肢として考えてみて下さいね。 ...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠は体重別で選ぼう!子犬への使用は可能?

「パラノミス」は、「フィラリア」予防「ノミ・ダニ・マダニ」駆除予防、それに「寄生虫」にも効果があります。 「フィラリア」は犬や猫の心臓や肺静脈に寄生する寄生虫の一種だということは、犬飼いならば覚えておいた方が良いでしょう。 フィラリアとは? 幼虫期、蚊やブヨなどの吸血昆虫に寄生していて、その吸血昆虫が犬や猫の動物の血を吸うときに体内に入りこみます。 そして「フィラリア」の幼虫は、血...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠のエランコとはどんな会社?

「エランコ」と略して呼ばれることが多いようですが、「エランコアニマルヘルス」が正式名称です。 「エランコアニマルヘルス」は、「日本イーライリリ―株式会社」の動物薬品部門です。 日本だけでなく、世界的に研究開発を行ってみえます。 「エランコアニマルヘルス」では、世界75か国以上でさまざまな商品を販売されているそうです! 日本イーライリリー株式会社って? 「日本イーライリリ―株式会社...   [この記事の続きを読む]

パノラミスとコンフォティス錠の違いは?

「パノラミス」と「コンフォティス」の共通点は、飲み薬という点です。 経口薬ですので、直接皮膚に投薬出来ない犬にはどちらも嬉しい薬です。 有効成分に、どちらも「スピノサド」が含まれています。 その為、嘔吐や下痢などの副作用が出る場合があるところも、同じです。 最大の効果を得るために、少量のフードやおやつを与えてから投与するか、フードやおやつに混ぜて与えるというところも同じです。 ど...   [この記事の続きを読む]

パノラミスとネクスガードスペクトラの違いは?

「パノラミス」の発売日は、2014年1月6日。 「ネクストガードスペクトラ」の発売日は、2015年12月1日でした。 どちらも、まだまだ新しいお薬ですね。 一部の成分が違うものの、「ノミ・ダニ・マダニ」の駆除予防と、「フィラリア予防」が1度で出来る所は同じです。 パノラミスとネクストガードスペクトラの違いは? 「パノラミス」が錠剤なのに対して、「ネクストガードスペクトラ」はチュア...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の与え方 – 嘔吐 吐いた場合

フィラリア症予防と、外部寄生虫である「ノミ・ダニ」、消化管内寄生虫である「犬回虫・犬鉤虫・犬鞭虫」を1度に駆除できる「パノラミス錠」は、とても便利な薬です。 しかし人間と同じように、犬にも体質に合う薬と合わない薬があります。 嘔吐してしまう可能性を少しでも減らすため、獣医の指示に従って飲ませましょう。 パノラミス錠の与え方 <薬の開け方> 円のふちに沿って、ハサミで切り取りま...   [この記事の続きを読む]

パノラミス錠の副作用 – 嘔吐が起きる原因

月に2回、別々の日に行っている方の多い「フィラリア予防」と「ノミ・ダニ・マダニ」予防・駆除。 この2つを、まとめて1度で済ませられるのが「パノラミス錠」です。 錠剤なので、投薬後すぐでもシャンプーがOKです。 消化管内寄生虫まで一緒に駆除できるのも、嬉しいですよね。 では「パノラミス錠」には副作用は、ないのでしょうか? パノラミス錠の副作用は? 「パノラミス錠」には「スピ...   [この記事の続きを読む]